都会も田舎もベランダがある家には鳩が住み着きやすいから対策しよう

男性

巣を取り払うために

蜂の巣

アシナガバチは、巣の大きさや場所によって駆除する必要性があります。専門業者に依頼すると、どのような状況でも安全にアシナガバチの巣を駆除してくれるので人気です。自分で駆除するなら蜂専用の殺虫剤で、肌を露出せず暗い時間帯で作業をしましょう。場合によっては防護服の購入や貸し出しも検討することです。

家に来る鳥を追い払う

考える人

鳩はとても可愛らしい鳥ですが、ベランダに来るのをそのままにしておくと、そこに巣を作られてしまう可能性が出てきます。糞やダニで現実的な被害を被るようになってから追い払おうとしても、なかなか上手くいきません。そうなってしまう前に、心を鬼にして駆除することが大切です。

どこでも起こる悩み

住宅

都会も田舎も危ないから

都心や田舎関係なく、鳩を見かけませんか。街中を飛んでいるだけならいいのですが、家のベランダに巣を作ってしまうこともあります。しかも、都心でも針金ハンガーなどを使って巣を作ってそのベランダに住み着いてしまうことさえあります。パッと見ただけでは、鳩がいないと思っても、室外機の裏などの人目につかない上に、雨風をしのげ、温かい場所に住み着く傾向があります。いろいろな対策グッズが発売されているので、すでに鳩がベランダに巣を作っている人もそうでない人も対策グッズを購入しています。ネットでベランダに侵入させないようにしたり、鳩の苦手な針山を置いておいたり、鳩の嫌いな臭いを付けるなどのいろいろな対策グッズがあります。

繁殖力が高い

実は、鳩はとても繁殖力が高いです。だから、油断しているとどんどん増えてしまいますし、ベランダに巣を作ったと思ったら、どんどん卵を産んで増えてしまうことだってあります。そうならないようにしなくてはならないので、対策グッズを使う人が多いです。対策グッズもいろいろとありますので、どれが自分の家のベランダで有効かを考えて選びましょう。想像以上に、都会も田舎もどちらでも被害に遭っている人が多いので、とても人気があります。だから、種類がどんどん増えていったのでしょう。繁殖力が高いだけに、まだ被害に遭っていない人も気を付けなくてはならないために、早めに対策グッズを使うこともあります。住み着いたら大変ですし、対策グッズは多くの人に必要です。

状況に合わせて対応

蜂

スズメバチは、巣が大きくなる前の早い段階であれば、親がいない時を見計らって、駆除を行うことができます。しかし、夏ごろまで、蜂の存在に気が付かなかった場合には、無理をせず専門業者に相談したほうが無難です。