都会も田舎もベランダがある家には鳩が住み着きやすいから対策しよう

作業員

状況に合わせて対応

蜂

蜂が住居周辺に巣を作った場合、小型の蜂であれば放っておいても、何も被害が起こらないことがほとんどですが、それがスズメバチのような大型のハチになると話は別です。初期のころであれば、特に被害は発生しないものの、秋が深まってきて、蜂の攻撃性が増してきたときには、近くを歩くだけで威嚇してくる場合があります。このような状況になった場合には、ちょっとしたことをきっかけに蜂が攻撃してくる危険性をはらんでいる状況といえます。このような状況になる前に、駆除を行うことが適切な対処方法と言えますが、危険な状況になった時でも専門業者に相談すれば、しっかりとした駆除を行ってくれます。無理せず、できるだけ早期に連絡することが、被害を最小限にとどめる方法です。

スズメバチが春ごろには、冬眠から覚めた後、女王蜂一匹から巣を構築していくことで知られています。このため、巣を作り上げることから、エサ取り、子育てまで一匹でこなしていくのです。第一期の子育てが終わる前は、スズメバチの巣には親がいない状態になることが多く、その間に駆除をすることは、難しいことではありません。巣さえ駆除してしまえば、再びそこに巣を作る可能性は非常に低くなり、危険を回避することにつながります。しかし、夏ごろになり、巣に蜂が常駐している状況であり、飛び回っている蜂を頻繁に見かけるようになった時には、明らかに危険な状況です。こうなった時には、迷うことなく、専門業者に相談することが得策です。